日本円だけでの資産運用をするリスク

1998年の外為法の改正によって、外国の金融商品に自由に投資することができるようになりました。海外投資というと、一般的には馴染みはあまりないと思いますが、それによって利益を得ている方もいます。

海外投資を行う日本人の多くは日本国内で資産運用をすることに危機を感じています。日本は周知の通り、100年に1度と言われる不況のど真ん中です。多くの方は日本の金融機関にお金を預けていることと思いますが、利息を見て愕然とした方も多いと思います。通帳を見るとほんのわずかの手数料が記載されていると思います。これが日本の資産運用です。利子という形で運用益を得ている訳ですが、日本の金融機関に資産を預け、資産運用するということはこのようなことを言うのです。

日本の金融機関で預金をすることで元本は確保されているように見えますが、日本の不況が深刻化し、日本円が破綻してしまったら資産価値はゼロになってしまいます。こういったリスクもあるので、日本円だけでの運用を避け、海外の通貨でも資産を運用することで、円の価値を失うリスクを分散することができるのです。

これから将来に備えて資産運用を考えるのであれば、海外投資は有効な投資手段です。

海外投資については、ヘッジファンドダイレクト高岡氏の記事が参考になります。

Leave a Reply